自動車を下取りに出す時に少しでも査定額をアップさせようと、できることは全てやりたいものですよね。
特に下取りは買取に比べて高い値段がつきにくいだけに、出来る限り高い査定を引き出して次の車の資金に充てたいものです。
そこで気になるのは下取りに出す車が激しく損傷していた場合、修理をして下取りに出したほうが良いのかということです。

確かに壊れているものよりも壊れていないもののほうが、下取りの際の査定額はアップしやすいものですが、直すのにかかった以上に査定が上がるということはほとんどありません。
とにかく安く済ますことができるツテなどがあるというのであれば、直したほうが有利になりますがそうでないならば直すのにかかったお金の分だけ損をしてしまうということもあります。
それでは、費用をかけずに自ら修理をするという場合ですが、これも綺麗に直すことができるのであればよいのですが、素人が下手に弄って余計に状態をひどくしてしまったりすると、逆に査定が下がってしまうということもありえます。
そのため、激しく壊れている部分があったとしてもまずはそのまま下取りの査定を受けて、それからどうするかを決めたほうが安全性が高くなります。