新車を買う時に今乗っている車をディーラーに下取りで出す条件で、新車を購入することにしました。それで納車の時に下取りに出す車にガソリンをどれだけ入れておけばいいかということですが、大体4分の1ほど入れておけば大丈夫です。ディーラーが新車に乗ってきて、お店に帰る分が入っているだけで問題無いです。

下取り車ですから、引き取られた後はさほど走る必要は無く、必要ならば向こうで燃料を入れます。そして廃車にする場合は、燃料は危険物ということで、抜き取りをしなければならないので、燃料タンクにたくさん入れる必要は無いということです。

下取りに出すから、燃料を入れておいたらもったいないと思いがちですが、さすがにある程度を入れておくのが、マナーです。ディーラーも乗って帰れないとなると、下取りを拒否して、新車の納車も出来なくなります。だからディーラーがお店に戻れる分ぐらいは入れておく必要が有ります。

そしてディーラー側も新車には燃料をさほど入れては来ません。入れてきたとしても燃料代として後で請求が来ます。それならこちらも請求をしたいところですが、車を下取りに出して値引きをしてもらっていますから、其の値引き額に燃料代が含まれているということで我慢です。