忙しい人のための車下取り

| 未分類 |

車を買い換えるときにそれまで乗っていた車を、ディーラーで自動車下取りに出すという人は多いのではないでしょうか。
この方法の大きな利点はなんといっても、車の乗り換えが非常に楽だという点が挙げられます。
車を買う店も売る店も同じ店で済ませることができるので、手続きも平行して行うことができるため、忙しい人にはとても便利な方法です。

しかし、この方法の最大の欠点は自動車買取店に持ち込むよりも、査定額が大幅に下がってしまうこともあるということです。
ディーラーの仕事というのは基本的に新車を販売することであり、中古車を仕入れて販売することではありません。
そのため、中古車の仕入れや販売に対するノウハウが少ないため、車の査定も高くなりにくく決まった金額でしか買取をしてもらうことができません。
また、中古車買取店に持ち込めばプラス査定になるような、社外品のホイールやカーナビといったものがついていても、下取りの場合は純正品がない時には減額されてしまうこともあります。
このように下取りの場合、査定が不利に働いてしまうことがあるので人気の高い車や高く買取が期待できる車の場合は、下取りではなく多少手間を掛けても買取店などに持ち込むようにするとよいでしょう。