車を売るときのことを考えてどのような車が高く売ることができるのだろうかと考える人は多いでしょうが、その逆にどのような車であれば評価が悪くなってしまうのだろうかということに気を配る人は少ないですよね。
評価が高くなる基準も重要ですが、評価が下がってしまう基準というのも同じように重要なものです。
そこで、評価が悪くなる車の特徴も覚えておくことで、自動車を売る時に有利にすることができます。

まず第一に走行距離と年式が10万キロ、10年を超えると中古車市場での人気が大きく落ち込んでしまうため、この辺りを超えると途端に評価は下がりがちになってしまいます。
車の状態がどれほど良くても、日本では車はこの時期を過ぎると消耗部品の交換などでお金がかかると思われているだけに、人気が出づらく売却をする時にも不利になってしまうのです。
そのため、この期間が近づいている時にはできるだけ早く売却を決めるようにするとよいでしょう。
次に見た目が汚い車というのも、評価が悪くなってしまいます。
落ちる汚れであればそれによって査定が下がることはありまえんが、汚れていることで小さな傷でも見落とさないようにと査定をされてしまうことで査定が下がってしまう可能性があるのです。