車というものは多くの人が所有している財産の一種です。ほぼ全ての公道を走る車は陸運局によって登録されており、その所有者や所在地は厳格に管理されているのです。その情報に基づいて、毎年の自動車税などの納付通知が送られてくることになります。そのため自動車を売却したり誰かに譲渡するというのは、他の物を売却したり譲渡したりするのとは違い、様々な書類による手続きが必要になるのです。
その様な手続きに関しては殆どが売却時に行われるべきものです。自動車を個人的に売買する場合には特に注意しなければなりませんが、カーディーラーを通じて手続きをするのであれば手続きに関しては少ない手数料で全てを任せてしまうことが出来ます。単純な売却であっても、その手続きは第3者への譲渡となりますので正式に書面で申請しなくてはならないのです。
その様な手続きに必要になるものとしては所有者の印鑑が挙げられます。間違い無く所有者の判断で譲渡を行ったということを示すためにも印鑑による手続きが必要になるのです。この様な手続きは自分で行うことも出来ますが、面倒な部分が多いのでディーラーを通じてすることが出来るのであればその様にした方が良いでしょう。